白川勝彦法律事務所
民事の相談
刑事の相談
借金の整理
法的論述
事務所紹介
法の庭徒然草

1979年白川勝彦政治法律事務所を開いて40年間、私の基本理念は一貫して“リベラル”と“権利のための闘争”であった。それは現在も変わらない。

09月28日 シルバー・ウイークと賃金

No.35

週休2日制の企業では、5連休のあと2日働いて、また2日間のお休みであった。別に貧乏症ではないが、私の仕事観や休日観からするとわが国の祝祭日にはちょっと違和感がある。自民党のリゾート建設議員連盟の幹事長を務めたことがある私には、労働と休日についてそれなりの考え・思想がある。だらだら休めば良いというものではない。もっと積極的なレジャー・休日制度を作りたいものである。……

全文を読む »

01月26日 更新できなかった理由

No.30

今年2度目の“法の庭”徒然草である。更新できなかった原因は、コンピュータの都合による。もちろん事務所には沢山あるが、私がWebサイトの更新をするコンピュータの具合が悪くなっていたのである。永田町徒然草の更新をする都合があるので1台は大至急で直してもらったが、事務所には同じようなコンピュータがないのである。……

全文を読む »

12月07日 小さな一歩で問題をほとんど解決

No.27

私は“法の庭”徒然草を原則として事務所で書くことにしている。一方、永田町徒然草は原則として自宅で書くことにしている。法律業務は事務所で、政治関係の書き物を自宅としているのは、私なりの事情による。私は何事も集中する性癖がある。持続力には少し欠けるが、集中力・爆発力は私の特性である。白川勝彦法律事務所にいるときは、弁護士の仕事に専念するようにしている。その日の仕事は余程のことがない限り、その日の内に済ませるようにしている。……

全文を読む »