白川勝彦法律事務所
民事の相談
刑事の相談
借金の整理
法的論述
事務所紹介
法の庭徒然草
借金の整理 ─ 借金解決の道筋
借金解決の筋道
費用について
債務整理Q&A
メール相談
借金整理TOP

■ 債務整理の“剛腕”仕事人が、あなたを一所懸命にサポート

借金解決の道筋 借金の整理

  •    借金の悩みなど、“たかがおカネ”の問題に過ぎません。恐れることなど何もありません。勇気をもって借金問題の現実と向き合い、解決の道筋を立て、それに沿って努力をすることです。

  •    借金をゼロにし、相当の額の過払い金をお返しできるケースもかなりありますが、すべての人がそのようなハッピーな結果にできる訳ではありません。通常あなたに“それなりの努力”をして貰わなければなりません。

  •    白川はあなたと一緒にその道筋を探り、持てる智恵と力のすべてを駆使して“あなたの努力”を一所懸命にサポートします。
    白川が「債務整理の“剛腕”仕事人」と自称するのは、伊達や酔狂ではありません。

債務整理の3つの方法

任意整理とは、
弁護士が代理人となって債権者と交渉し、違法金利が原因で借金が減額出来る場合は減額し、その残高に将来金利を付けず、かつ長期の分割払いで支払う和解を締結し、その和解に基づいて借金を返済していくという方法です。
個人再生とは、
借金の返済が困難な状態であることを裁判所に認定してもらい、法律の規定で減額した金額(多くの場合は20%)を3〜5年で分割して債権者に返済していくという方法です。
自己破産とは、
借金の返済が不可能であることを裁判所に認定してもらい、法律上あなたの借金を免除してもらうという方法です。

債務整理に必要な月々の金額は?

私がいま業者から請求されている総額○○○円の借金、弁護士費用を含めて月々○万円を支払えば、何年で解決できますか?

面談中の白川

はい。多くの方々からいただく“もっとも素朴で基本的な質問”なのですが、これに答えてくれるWebサイトや法律事務所は、ほとんどありません。
月々に必要な債務整理費用は、次のとおりです。

月々に必要な債務整理費用の算定式(あなたが法律上支払わなければならない金額+弁護士費用)÷(何年(通常3〜5年)×12)=月々必要な支払額

  • 問題は、「あなたが法律上支払わなければならない金額」が幾らかということではないでしょうか。その金額は、いまあなたが業者から請求されている金額と同じではありません。大幅に減額できるケースもたくさんあります。法律上支払わなければならない金額は、実は債務整理の依頼を受け業者から取引履歴を取り寄せれば簡単に分かることなのです。

  • しかし、「債務整理をしようかどうか、どの弁護士に依頼しようか」を考えている方に対して、「それはご依頼を受けてからでないと分かりません」では、プロの答えではないと白川は思っています。
    また、法律上本当に支払わなければならない金額が分からなければ、あなたにとって最良の債務整理の方針の説明もできないと白川は考えます。

  • 白川勝彦法律事務所では、債務整理の依頼を受ける前にあなたが法律上支払わなければならない金額を算定して、「月々いくら支払えばあなたが抱えている借金問題を解決することができるか」を説明するところに最大の特長があります。
    白川が債務整理のトータル・アドバイザーと自負するゆえんです。

  • 借入業者名・借入を始めた時期・借り方や返し方などをお聞かせいただければ、「月々何万円を支払えば、何年何ヶ月であなたの借金問題を解決することができるか」を白川が責任をもってお答えします。借金の整理を決意するためにもそのことを知ることが大切だと、白川は考えるからです。

  •    借金問題を解決するためには、「あなたが法律上本当に支払わなければならない金額」を算定することが全ての基本です。ですから、あなたが抱えている借金の現状や経過などを白川勝彦法律事務所では、まず詳しくお聴きします。

  •    その理由は、いまあなたが業者から請求されている借金を大幅に減らせる場合があるからです。サラ金などからの借入期間が4〜5年の場合は、ある程度減額できます。8〜10年も借入れている場合は、借金がゼロになり、過払い金を取り戻せる場合もあります。

  •    もし上記のような事情がなく、かつ借金の額が300〜500万円と多額の場合は、個人再生で借金を大幅に減額することができます。住宅ローンがある場合でも、住宅ローンを別にしてそれ以外の借金は個人再生で減額することが可能です。個人再生は裁判所に申し立るので官報には載りますが、破産とはその意味合いや社会的評価もまったく違うと白川は考えます。

  •    もちろん自己破産もありますが、それは最後の最後の手段だと白川は考えます。
    どこの法律事務所からも「自己破産するしかありませんね」と言われた方々を、自己破産などせずに立派に解決したケースが沢山ありました。

  • 相談は完全に無料ですから、ご気軽に相談してみて下さい。

セキュリティ保護のかかった メール相談フォーム や、フリーダイアルから。

freedial 0120-95-2210 ご相談は完全無料。お気軽に。
[ 0120-95-2210 へ電話をかける ]

[ TOP ]